青汁の飲みにくさを克服するように

青汁のオススメランキング 今一番売れてる人気はこれ!

青汁のオススメを探している方にぴったりの人気青汁をご紹介!

青汁の飲みにくさを克服するように

飲み物を飲む女性

 

健康的な効果のある青汁ですが、多くの場合飲みにくさがネックとなっていて、毎日継続できない人がいます。そのため飲みやすくする為の工夫をすることが重要となります。

 

最近では、フルーツドリンクのような青汁が話題となり、若い人を中心に利用者が急増していますが、フルーツだけでなく他のドリンクをトッピングするなどして、自分でアレンジした青汁を作っていくことが有効です。

 

青汁はビタミンやミネラル成分を確保することが可能ですが、更に優良なアミノ酸やタンパク質を確保していく為に豆乳を利用する方法があります。豆乳にはサポニンやイソフラボンのような体の新陳代謝を高める有効な成分が含有しています。

 

これらの栄養分と青汁の栄養素を加えていけば非常に健康に良いドリンクとなります。ところが、青汁は含有されている野菜類の配合によってはかなり飲みにくい苦いドリンクとなります。特にケールなどはクセが強いため、青汁独特の風味が強くなってしまいます。しかし、ケールは繊維質やビタミン類が非常に多く効果の高い野菜であるため、青汁には必ず使われる有効な野菜となります。

 

このように有効な野菜を多く含んでいる優良な青汁を飲むことが有効であり、その苦さを克服していくための自分なりのオリジナルドリンクを作っていく対策が求められます。

 

最も基本となるのはフルーツジュースですが、オレンジジュースやグレープフルーツジュース、またはパインやリンゴなどのジュースがトッピングされたミックスフルーツジュースなども効果的です。

 

甘さが加われば青汁の苦みを大幅に緩和する事が可能であるため、有効な対策となりますが果物に含まれている果糖は、太りやすい糖分であるため必要以上に摂取するのはあまり良い対策ではありません。そんな事から、健康的なドリンクの代表となる牛乳をトッピングする方法が効果的です。乳製品は様々な風味を包み込む働きがあるので、青汁の苦み成分も包み込んでまろやかな味わいに変えてくれます。

 

それでも青汁の風味が気になるのであれば、きなこ牛乳を作る対策が有効です。きなこは大豆の粉末ですが牛乳と混ぜると非常に美味しいドリンクに変わります。

 

砂糖などを入れていませんが、きなこを入れるだけでスイーツドリンクのような感覚に変わるので飲みやすくなります。そのきなこ牛乳に青汁をトッピングすると、きなこの風味がほどよい感じに中和するので美味しいドリンクに変わります。

 

それでも苦みが気になる場合には、オリゴ糖を少量加えて甘さを調節していく対策が有効となります。

 

青汁サイトコンテンツ
最近の投稿
カテゴリー